文字サイズの変更 サイト内検索
会員専用ページ 文字サイズ大 文字サイズ中 文字サイズ小
トップページ口腔ケアは感染症対策

歯科治療は不要不急ではありません。

受診を控えていませんか

歯科医院 行っても良いです
受診控えはよくありません

県民の皆様へ

 新型コロナウィルス感染症拡大で未だ不安な日々を送っていることと存じます。
自粛生活の中、不要不急の外出を控えている方も多いと思いますが、

歯科医院への通院を控えられる場合はご自身で判断せずに、
かかりつけ歯科医にご相談ください。

 自らの判断で歯科治療を中断することは、お口の健康の悪化だけではなく、全身の健康被害を招く可能性もあります。
 特に、歯周病は歯を失うだけでなく、脳梗塞・心臓病・糖尿病・誤嚥性肺炎といった命に関わる疾患とも深く関連しています。他にも、様々なウイルス感染を防ぐ上で丁寧な歯磨きや舌の清掃がきわめて重要です。また、むし歯を放置したり、合わない義歯を使用することで食事が摂れなくなり、体力や免疫力の低下を引き起こします。

歯科治療は決して「不要不急」ではありません。
必要緊急か必要不急かの判断は、まず受診が必要です。

 なお、歯科での感染リスクについて様々な報道がなされておりますが、飛沫や出血がある歯科では従来から高水準の基準が設けられ、感染症対策を徹底しております。現状では歯科治療を通じての新型コロナ感染例は報告されておりません。もちろん「3密」を避ける対策も十分にとっております。


トップページへもどる

ここでクリア
このページの先頭へ

このページの先頭へ